社会人が通信制高校への入学を考えた時の比較ポイント

高校卒業資格を得たいという思いが強くなり

私は一度、普通高校に入学したものの馴染めず退学をして、そのまま社会に出て働きはじめました。 しかし、働いていくうちに高校卒業資格を得たいという思いが強くなり、働きながらでも通える通信制高校への入学を考えるようになりました。 今は通信制高校の数も多くなっていますので、最初はどこを選べばいいのかと迷いましたが、個人的に外せないいくつかのポイントを決めて、それぞれの学校を比較していったうえで今の学校を選びました。 まず1つ目が学費です。 最初から親の力を借りずに自分で学費は払おうと決めていたので、ここは一番重要なポイントでした。 通信制高校の学費で最も大きな差が出るのが公立か私立かという点です。 調べると、公立の場合は3年間でおよそ10万円程度、私立の場合は3年間で40万円~100万円程度とかなりの差がありました。

学費 通信制高校
日本ウェルネス高等学校

レポート提出がWEBサイトやメールを通して

ですので、学費だけで選ぶのであれば支払いやすい公立を考えましたが、2つ目のポイントである通いやすさという点も考慮すると若干の悩みが生じました。 公立の場合、基本的には、ほぼ自力での学習となり、スクーリング日数も融通がきかないため、働きながらでは仕事の方を調節する必要がでてきます。 一方、私立はレポート提出がWEBサイトやメールを通して出来るようなシステムになっているのでスクーリング頻度に融通がききますし、学習についてもサポート体制が充実しているので疑問や不安をそのままにすることなくすすめられるという魅力がありました。 特に学習のサポート体制は、社会に出てからまったく勉強から離れていた私にとっては、かなり心惹かれるポイントとなりました。

つづく⇒仕事に役立つ資格取得が出来る学校かどうか

☆TOP☆