社会人が通信制高校への入学を考えた時の比較ポイント

仕事に役立つ資格取得が出来る学校かどうか

なぜなら、通信制高校に入っても勉強についていけずに途中で挫折してしまうというのは絶対に避けたかったからです。 こうしたことから、私の中では公立よりも私立という気持ちが大きくなっていました。 そこで最後のポイントとして、仕事に役立つ資格取得が出来る学校かどうかという点も公立と私立で比較してみたところ、私立には様々なコースが用意されていることが分かりました。 特に社会人向けのマナー研修や資格取得が目指せるコースは、私の中ではすごく大きく、その時点で私立に行きたいという気持ちが決まりました。 ただ、それでも学費の差は大きかったので、最終的には私立の中で学費を比較して、今の学校を選びました。

通信制高校への入学を考えている社会人の方にとって役に立てば

今の学校はスマートフォンを使って動画の授業を受けることが出来るので時間や場所を選ばずに学習できますし、スクーリングも半年に一度程度なので仕事への影響もまったくありません。 問題となる学費に関しても国に申請をして就学支援金制度を受けることが出来ましたので、負担はそれほど大きくなくすんでいます。 社会人が通信制高校を選ぶうえで学費はもちろん重要ですが、それだけにとらわれてしまうと、最後までやり遂げて、きちんと卒業できるのかどうかという一番大事な点が疎かになってしまったかもしれないと今は思います。 個人的な比較ポイントですが、これから通信制高校への入学を考えている社会人の方にとって役に立てばいいなと思います。

始め⇒高校卒業資格を得たいという思いが強くなり

☆TOP☆